飲み会ではいつもモテる友人

飲み会などの場面になると、皆お酒も入り積極的に女性に自分をアピールしたり笑いをとる事が多いと思います。そういった方はもちろん女性と仲良くなったりすることが多いのですが、それがモテルるという事に繋がらないと言う事も多いです。
私の友人は、飲み会に行くといつもモテます。確かに、友人は性格も明るく面白いので上記のようにして女性と仲良くなることも多いです。

しかし、その友人が女性から人気な部分はそういった箇所よりも、細かな気配りができる点だと女性陣が話していました。
たとえば、ただ面白いことを言うのであれば多くの人ができるけれども、その中で誰かをネタに使うこともあると思います。友人の場合はそういったときの、ネタに使う人への気配りがすごく上手く、相手が不快に思わないように常に気を使っているようなところが人気のようです。

また、飲み会で気分が悪くなった人の介抱を良くしていたりなどの優しさも人気のようで、女性に対して大きなアクションをおこなうことも大事ですが、むしろこういった女性が安心してその場にいられるような細かな気配りができる方が、女性陣には人気のようでした。

印象が9割を制す

飲み会のシーン。どんな席でもモテる男性は注目されますし、女性から声をかけてもらっていたり、あっさり番号交換できます。
モテない男性は、場合によっては一緒に座った女性からつまらないといった態度を取られる事はありませんか?

見た目があきらかにカッコいい人は、第1印象が良いわけですからモテて当然です。
もちろん、そういったモテる人は、第1印象が良くなる努力をしているわけですから当然です。
なにより、見た目をキッチリ整えるのはどんなシーンにおいても、マナーの基本中基本です。
そういう点からいえば、見た目が良い人はマナーの基本が出来ていると考えていいと思います。

また、見た目は普通でも、モテる男性は気配りが上手でコミュニケーション能力が高い人が多いです。
誰だってコミュニケーションを取りたいわけですから、相手に話をさせるために、うまく誘導させてあげるテクニックが必要です。
こちらも言ってしまえば、コミュニケーションにおけるマナーですよね。
一方的に話したり、無理に相手から話を聞きだそうとするのは図々しいです。

さりげなく注文や配膳フォローしたり、気配りも重要ですが、見た目の印象やコミュニケーションの高さがないと、小さな気配りは
あまりポイントが稼げないものです。お酒の席なら当然、あまり記憶に残らないものですから印象は薄くなります。
貴方は飲みの席に同席している一人であって、スタッフではないのですから、余計な行動は意味不明です。

会話は下手にかしこまらずに、ラフに、ちょっとした大事な友達を扱うように、優しく接することができれば十分だと思います。
下手に会話して場を作ろうとしても、客観的に見ると滑稽です。シナリオなんて作ってきて、安い芝居したら末期です。

最低限のマナーを念頭に置いてみてください。それだけで、飲み会で印象を残せるようになると思いますよ。

大阪の飲み会を紹介しておきますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です